BUSINESS & JOB

事業紹介&職種紹介

BUSINESS & JOB

事業紹介&職種紹介

Wismettacグループの事業領域

営業
仕入れ・開発
アジア食グローバル事業
アグリ事業
アメニティ&小売事業
新規事業開発

営業
仕入れ・開発

アジア食グローバル事業
アグリ事業
アメニティ&小売事業
新規事業開発

品質管理
製造
Food Tech

経営管理

アジア食グローバル事業 ASIAN FOOD GLOBAL BUSINESS

日本食を中心としたアジア食品・食材をグローバルに展開。

日本食を中心としたアジア食品や食材を世界へ届けるアジア食グローバル事業。米国やカナダ、欧州、アジア、豪州をはじめとする現地の日系・アジア系のスーパーや日本食レストランを中心に、バラエティ豊かな6,000以上のアジア食品・食材を輸出販売しています。 直近は日系・アジア系マーケットのみならず、各国のメインストリーム向けのビジネス拡大にも注力しており、商品の仕入れもグローバルに展開。米国、日本、中国、東南アジアから商品を調達するだけでなく、各地域の特性や得意分野を活かした三国間貿易にも強みを持っています。

特に近年は海外での日本食レストランの出店数が拡大しており、日本の食材のニーズが高まっています。Wismettacグループでは米や海苔、ガリ、マグロ、ウナギといったSUSHI商材などを安定的に供給することで、日本食ブーム、そして日本の食文化の輸出を支えてきました。

また、1921年に商標登録したプライベートブランド『Shirakiku®』は、有数の日本食ブランドとして米国全土で高い認知度を獲得。生産者やメーカーなどと協働して、各国のマーケットや様々な法令に合わせた商品開発を行っています。『Shirakiku®』ブランドは、日系人はもちろんのこと、世界各国の現地の方々にも広く親しまれています。

※貿易商社が在外支店を通じて第三国間で行う貿易取引を指し、仲介貿易とも表現されます

グローバルネットワークを活かしたアジアンフード・ビジネス

グローバルネットワークを活かしたアジアンフード・ビジネス

グローバルネットワークを活かして、さらなるマーケットの拡大を目指す。

アジア食グローバル事業の輸出国は30ヶ国以上。世界各地にグローバルネットワークを築き、アジアンフード・ビジネスを展開しています。

世界的に食の多様化や健康志向が進み、日本食レストランが普及してきたことから、日本食のニーズは年々高まり続けています。また、各地域の食文化と融合することで、新たな食のニーズも生まれてきました。アジア食グローバル事業は単なる輸出ビジネスにとどまらず、世界の地域や顧客のニーズを捉えたマーケット・インの視点で、商品の企画・開発や営業販売を実践しています。加えて、プライベートブランドの開発やオリジナル性の高い商品の提案を推進することで、さらなるマーケットの拡大を目指していきます。

このグローバルビジネスを支えるのが、商品の企画開発・仕入れから生産、輸入通関、在庫管理、配送・販売まで一気通貫でオペレーションできるWismettacグループならではのプラットフォーム。顧客ニーズをくみ取った商材を、最適な状態で世界にお届けしています。

グローバルネットワークを活かして、さらなるマーケットの拡大を目指す。
職種紹介ASIAN FOOD GLOBAL BUSINESS
アジア食グローバル事業 ASIAN FOOD GLOBAL BUSINESS

日本食を中心とした
アジア食品・食材をグローバルに展開。

日本食を中心としたアジア食品や食材を世界へ届けるアジア食グローバル事業。米国やカナダ、欧州、アジア、豪州をはじめとする現地の日系・アジア系のスーパーや日本食レストランを中心に、バラエティ豊かな6,000以上のアジア食品・食材を輸出販売しています。 直近は日系・アジア系マーケットのみならず、各国のメインストリーム向けのビジネス拡大にも注力しており、商品の仕入れもグローバルに展開。米国、日本、中国、東南アジアから商品を調達するだけでなく、各地域の特性や得意分野を活かした三国間貿易にも強みを持っています。

特に近年は海外での日本食レストランの出店数が拡大しており、日本の食材のニーズが高まっています。Wismettacグループでは米や海苔、ガリ、マグロ、ウナギといったSUSHI商材などを安定的に供給することで、日本食ブーム、そして日本の食文化の輸出を支えてきました。

また、1921年に商標登録したプライベートブランド『Shirakiku®』は、有数の日本食ブランドとして米国全土で高い認知度を獲得。生産者やメーカーなどと協働して、各国のマーケットや様々な法令に合わせた商品開発を行っています。『Shirakiku®』ブランドは、日系人はもちろんのこと、世界各国の現地の方々にも広く親しまれています。

※貿易商社が在外支店を通じて第三国間で行う貿易取引を指し、仲介貿易とも表現されます

グローバルネットワークを活かしたアジアンフード・ビジネス

グローバルネットワークを活かしたアジアンフード・ビジネス

グローバルネットワークを活かして、さらなるマーケットの拡大を目指す。

アジア食グローバル事業の輸出国は30ヶ国以上。世界各地にグローバルネットワークを築き、アジアンフード・ビジネスを展開しています。

世界的に食の多様化や健康志向が進み、日本食レストランが普及してきたことから、日本食のニーズは年々高まり続けています。また、各地域の食文化と融合することで、新たな食のニーズも生まれてきました。アジア食グローバル事業は単なる輸出ビジネスにとどまらず、世界の地域や顧客のニーズを捉えたマーケット・インの視点で、商品の企画・開発や営業販売を実践しています。加えて、プライベートブランドの開発やオリジナル性の高い商品の提案を推進することで、さらなるマーケットの拡大を目指していきます。

このグローバルビジネスを支えるのが、商品の企画開発・仕入れから生産、輸入通関、在庫管理、配送・販売まで一気通貫でオペレーションできるWismettacグループならではのプラットフォーム。顧客ニーズをくみ取った商材を、最適な状態で世界にお届けしています。

グローバルネットワークを活かして、さらなるマーケットの拡大を目指す。
職種紹介ASIAN FOOD GLOBAL BUSINESS

アグリ事業 AGRICULTURAL BUSINESS

世界中からフレッシュな青果物を日本に輸入。

生鮮青果や冷凍加工青果などを日本国内に輸入するアグリ事業。長年にわたり培ったグローバルネットワークを駆使し、卸売市場や食品メーカー、量販店、外食産業などにフレッシュな青果物を輸入販売することで、安心・安全な食のインフラを支えています。

なかでも生鮮青果においては、1968年に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社の輸入総代理店となり、オレンジやレモンといった輸入柑橘類で国内トップクラスのシェアを誇っています。安定供給を目指した産地開発から出荷・販売まで一貫して手がける独自のビジネスモデルで、日本の多様な食文化の発展に貢献しています。また、食材原料メーカーとしての一面も持ち、小売産業や外食産業と協働してデザートなどの商品開発に取り組んでいます。

厳しい品質基準が求められる国内食品産業に安心・安全かつおいしい食材を安定供給するのが、アグリ事業の使命です。

世界中からフレッシュな青果物を日本に輸入。

高品質かつリーズナブルな日本の青果物を海外へ。

新たな取り組みとして、青果物の海外輸出事業を開始しました。日本国産の高品質かつリーズナブルな青果物を、中国、香港、東南アジアをはじめとするアジア諸国に販売しています。具体的な事例として、従来、日本では加工品向けに消費されていた青森県産の小玉りんごを『SUGOI Apple』としてブランディング。これが東南アジアの中間所得者層の間で大ヒットし、小玉りんごに新たな価値をもたらしました。生産者にとっても大きなメリットをもたらす『SUGOI』シリーズは、今後もラインナップを増やしていきます。また、海外で開発された青果物の三国間貿易も行うなど、海外の販路拡大にも取り組んでいます。

そして、米国の駐在員や在米日系人の方から日本の家族や知人の方へ、世界中のフルーツや高級食材をお届けするグローバルEC事業は、1968年にスタート。長く愛されてきたサービスをより便利に、より幅広いシーンで利用いただくために、グローバルECサイトを立ち上げました。一般消費者向けのサービスにも力を入れることで、新たな販路の拡大を目指しています。

高品質かつリーズナブルな日本の青果物を海外へ。
職種紹介AGRICULTURAL BUSINESS
アグリ事業 AGRICULTURAL BUSINESS

世界中からフレッシュな青果物を日本に輸入。

生鮮青果や冷凍加工青果などを日本国内に輸入するアグリ事業。長年にわたり培ったグローバルネットワークを駆使し、卸売市場や食品メーカー、量販店、外食産業などにフレッシュな青果物を輸入販売することで、安心・安全な食のインフラを支えています。

なかでも生鮮青果においては、1968年に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社の輸入総代理店となり、オレンジやレモンといった輸入柑橘類で国内トップクラスのシェアを誇っています。安定供給を目指した産地開発から出荷・販売まで一貫して手がける独自のビジネスモデルで、日本の多様な食文化の発展に貢献しています。また、食材原料メーカーとしての一面も持ち、小売産業や外食産業と協働してデザートなどの商品開発に取り組んでいます。

厳しい品質基準が求められる国内食品産業に安心・安全かつおいしい食材を安定供給するのが、アグリ事業の使命です。

世界中からフレッシュな青果物を日本に輸入。

高品質かつリーズナブルな日本の青果物を海外へ。

新たな取り組みとして、青果物の海外輸出事業を開始しました。日本国産の高品質かつリーズナブルな青果物を、中国、香港、東南アジアをはじめとするアジア諸国に販売しています。具体的な事例として、従来、日本では加工品向けに消費されていた青森県産の小玉りんごを『SUGOI Apple』としてブランディング。これが東南アジアの中間所得者層の間で大ヒットし、小玉りんごに新たな価値をもたらしました。生産者にとっても大きなメリットをもたらす『SUGOI』シリーズは、今後もラインナップを増やしていきます。また、海外で開発された青果物の三国間貿易も行うなど、海外の販路拡大にも取り組んでいます。

そして、米国の駐在員や在米日系人の方から日本の家族や知人の方へ、世界中のフルーツや高級食材をお届けするグローバルEC事業は、1968年にスタート。長く愛されてきたサービスをより便利に、より幅広いシーンで利用いただくために、グローバルECサイトを立ち上げました。一般消費者向けのサービスにも力を入れることで、新たな販路の拡大を目指しています。

高品質かつリーズナブルな日本の青果物を海外へ。
職種紹介AGRICULTURAL BUSINESS

アメニティ&小売事業 AMENITIES & RETAIL BUSINESS

ユニークな海外ブランド食品やシーズン商品を日本の食卓へ。

日本にはないユニークな海外ブランド商品を輸入し、シーズンイベント商品を自ら企画開発するアメニティフード事業。日本で大人気のキャラクター食品玩具を企画・販売するライセンスビジネスも展開しています。喜び(Pleasure)を生み出し(Producing)提案する(Presenting)という「3つのP」を活動コンセプトに、ワクワクして思わず手に取りたくなる食品を日本のマーケットに紹介しています。

輸入商品店やバラエティショップ、生活雑貨店、量販店をはじめとする販売先は、ショップによって商品ニーズが全く異なります。客層やロケーション、トレンドや季節に応じて求められる商品を分析し、ユニークで楽しい売り場づくりを提案することで新たな価値を提供しています。加えて、新たにECサイトも立ち上げ、消費者インサイトを満たす商品の販売を加速させています。

ユニークな海外ブランド食品やシーズン商品を日本の食卓へ。

高まる健康志向のニーズに応える新たな商品を開発。

世界的に高まり続ける健康ニーズに応えるために、2001年からサプリメント事業を展開しています。日本の栄養療法を学ぶ医師達のカリスマ的存在であったDr.ジャンスンの指導のもと、予防医学のために開発した『NATUMEDICA(ナチュメディカ)』は、多くの医療機関で採用されるほどの信頼を獲得。厳選した良質な原材料を用い、国内の健康補助食品GMP認定工場で製造したナチュラルサプリメントで、人々の健康に貢献しています。

またサプリメント以外にも、医療機関や美容サロン向けの健康食品の開発、販売を手掛けるなど、従来の健康食品とは違ったマーケットを開拓することで、新規需要を獲得しています。

高まる健康志向のニーズに応える新たな商品を開発。
職種紹介AMENITIES & RETAIL BUSINESS
アメニティ&小売事業 AMENITIES & RETAIL BUSINESS

ユニークな海外ブランド食品やシーズン商品を日本の食卓へ。

日本にはないユニークな海外ブランド商品を輸入し、シーズンイベント商品を自ら企画開発するアメニティフード事業。日本で大人気のキャラクター食品玩具を企画・販売するライセンスビジネスも展開しています。喜び(Pleasure)を生み出し(Producing)提案する(Presenting)という「3つのP」を活動コンセプトに、ワクワクして思わず手に取りたくなる食品を日本のマーケットに紹介しています。

輸入商品店やバラエティショップ、生活雑貨店、量販店をはじめとする販売先は、ショップによって商品ニーズが全く異なります。客層やロケーション、トレンドや季節に応じて求められる商品を分析し、ユニークで楽しい売り場づくりを提案することで新たな価値を提供しています。加えて、新たにECサイトも立ち上げ、消費者インサイトを満たす商品の販売を加速させています。

ユニークな海外ブランド食品やシーズン商品を日本の食卓へ。

高まる健康志向のニーズに応える新たな商品を開発。

世界的に高まり続ける健康ニーズに応えるために、2001年からサプリメント事業を展開しています。日本の栄養療法を学ぶ医師達のカリスマ的存在であったDr.ジャンスンの指導のもと、予防医学のために開発した『NATUMEDICA(ナチュメディカ)』は、多くの医療機関で採用されるほどの信頼を獲得。厳選した良質な原材料を用い、国内の健康補助食品GMP認定工場で製造したナチュラルサプリメントで、人々の健康に貢献しています。

またサプリメント以外にも、医療機関や美容サロン向けの健康食品の開発、販売を手掛けるなど、従来の健康食品とは違ったマーケットを開拓することで、新規需要を獲得しています。

高まる健康志向のニーズに応える新たな商品を開発。
職種紹介AMENITIES & RETAIL BUSINESS

新規事業開発 NEW BUSINESS DEVELOPMENT

食のグローバルソリューションカンパニーへ。

100年以上の歴史を誇るWismettacグループが築き上げてきた、食のノウハウとグローバルネットワークといったアセットを基盤に、新たなビジネスを生み出す新規事業。ヘルスケアやEco、新しいライフスタイル、Food Informaticsといった他領域と、食の領域が融合する分野において、ニーズ・イシューとソリューションを組み合わせた新たな事業を継続的に創出していきます。

これらの実現に向けて、スタートアップや大学・研究機関などとも連携し、最先端かつ将来性の高い技術やビジネスモデルを世界の5Region(北米、欧州、中国、日本、東南アジア)において協働展開。新技術やトレンド、ニーズ、社会的課題を迅速に捉え、未来の食のあり方を世界に提案していきます。食品や原材料を安定供給するだけでなく、ビジネスデベロップメントの観点で新たなマーケットを開発する、食のグローバルソリューションカンパニーを目指します。

食のグローバルソリューションカンパニーへ。

サステナブルで健康的な食生活のために。

持続可能な社会の実現は、世界が直面している社会課題です。その結果、地球環境や健康にやさしい食への期待が世界的に大きく高まってきています。サステナブルな原材料や食品の提供はもちろんのこと、地産地消を推進する産地開発や陸地での養殖システムの確立、新たな生産方法の開発などのWismettacグループが取り組む様々な食のソリューションは、SDGsの貢献にもつながっています。

また、高齢化が加速する日本において、高齢者や疾患を抱える方にとっての「食のあり方」も社会課題となっています。社会のイシューを受け、Wismettacグループは健康食・病院食分野に参入。消化に不安のある方でも味覚と目で楽しめる新たな食ブランド『食卓の名医TM』を展開。健康寿命を延ばしてQOLを高める食の技術開発に励み、またそれらを世界へと展開することを目指しています。

食卓の名医(TM)

加えて、働き方改革やコロナ禍の影響を受けておうち時間を過ごす人が急増し、特に⾼級店では新しい収益モデルの開発がビジネス継続のため急務となっています。各社オンラインショップやデリバリーなど、様々な取り組みを進めていますが、未だ⼤きな収益源につながっているとはいえません。そこで当社は、⾼級店が中食市場にて新たな収益モデルを確⽴することを目的に、中食ライブキッチン事業『WisChef』を立ち上げました。ライブキッチン店舗に複数のレストランが出店することで、お客様がその日に食べたい料理を選んで持ち帰れる形態とし、おうち時間に新たな価値を届けることを目指します。

中食ライブキッチン事業の概念図
職種紹介NEW BUSINESS DEVELOPMENT
新規事業開発 NEW BUSINESS DEVELOPMENT

食のグローバルソリューションカンパニーへ。

100年以上の歴史を誇るWismettacグループが築き上げてきた、食のノウハウとグローバルネットワークといったアセットを基盤に、新たなビジネスを生み出す新規事業。ヘルスケアやEco、新しいライフスタイル、Food Informaticsといった他領域と、食の領域が融合する分野において、ニーズ・イシューとソリューションを組み合わせた新たな事業を継続的に創出していきます。

これらの実現に向けて、スタートアップや大学・研究機関などとも連携し、最先端かつ将来性の高い技術やビジネスモデルを世界の5Region(北米、欧州、中国、日本、東南アジア)において協働展開。新技術やトレンド、ニーズ、社会的課題を迅速に捉え、未来の食のあり方を世界に提案していきます。食品や原材料を安定供給するだけでなく、ビジネスデベロップメントの観点で新たなマーケットを開発する、食のグローバルソリューションカンパニーを目指します。

食のグローバルソリューションカンパニーへ。

サステナブルで健康的な食生活のために。

持続可能な社会の実現は、世界が直面している社会課題です。その結果、地球環境や健康にやさしい食への期待が世界的に大きく高まってきています。サステナブルな原材料や食品の提供はもちろんのこと、地産地消を推進する産地開発や陸地での養殖システムの確立、新たな生産方法の開発などのWismettacグループが取り組む様々な食のソリューションは、SDGsの貢献にもつながっています。

また、高齢化が加速する日本において、高齢者や疾患を抱える方にとっての「食のあり方」も社会課題となっています。社会のイシューを受け、Wismettacグループは健康食・病院食分野に参入。消化に不安のある方でも味覚と目で楽しめる新たな食ブランド『食卓の名医TM』を展開。健康寿命を延ばしてQOLを高める食の技術開発に励み、またそれらを世界へと展開することを目指しています。

食卓の名医(TM)

加えて、働き方改革やコロナ禍の影響を受けておうち時間を過ごす人が急増し、特に⾼級店では新しい収益モデルの開発がビジネス継続のため急務となっています。各社オンラインショップやデリバリーなど、様々な取り組みを進めていますが、未だ⼤きな収益源につながっているとはいえません。そこで当社は、⾼級店が中食市場にて新たな収益モデルを確⽴することを目的に、中食ライブキッチン事業『WisChef』を立ち上げました。ライブキッチン店舗に複数のレストランが出店することで、お客様がその日に食べたい料理を選んで持ち帰れる形態とし、おうち時間に新たな価値を届けることを目指します。

中食ライブキッチン事業の概念図
職種紹介NEW BUSINESS DEVELOPMENT
品質管理・製造・Food Tech
経営管理

海外営業(拠点の無い地域向け)

Wismettacグループの拠点を展開していない地域へ、日本食を含むアジア食材を輸出しています。クライアントは海外の食品卸売業者がメインで、営業だけでなく貿易業務など幅広い仕事に携わります。グループ戦略に基づいた市場開拓や、海外拠点設立の足がかりをつくることもミッションの一つです。

仕入れ・商品開発

北米をはじめとするWismettacグループの各拠点で販売する商材の開発、仕入れ・調達を行います。日本及び海外各国での商品開発も行っており、代表的なプライベートブランド『Shirakiku®』は6,000以上のアイテム数を誇ります。また、新規事業として海外拠点と連携しながら、各国のメインストリーム向けへの商品開発や提案も行います。

国内営業(量販・外食メーカーなど)

果実や野菜、冷凍果実といった豊富な品目の商品を輸入・販売するために、販売先となる卸売市場や量販店、外食チェーンへの営業を行います。特に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社との強いつながりを持つため、柑橘類を強みとしています。Wismettacグループの日本拠点における、メインストリーム向けの販売において重要な役割を担っています。

海外営業/事業開発

国産青果物の輸出、海外から海外への三国間貿易を軸に、世界中の食のマーケットへの営業を行っています。『SUGOI』シリーズのように、営業活動を通して自身のアイデアを事業開発(ブランド開発)に反映させることもできます。また日本品種の果物を海外で栽培するなど、国産品のプレゼンスを海外で向上させるための積極的な事業展開を推進しています。

仕入れ(海外青果物など)

世界中の産地の天候や為替相場など、様々な情報を確認、判断しながら、冷凍・生鮮青果物の仕入れを行います。世界各国の消費者に安心・安全でおいしい食材を届けるため、サプライヤーと連携した品質管理も重要な業務となります。

国内営業(小売・百貨店など)

輸入食品店・バラエティショップ・生活雑貨店・量販店など多岐にわたるショップに、海外ブランド商品及び自社開発商品を提案します。トレンドやシーズンイベント、ショップごとのニーズに合わせて適切な商品を分析し、売り場づくりまでコミット。催事場などでの販売促進にも貢献しています。

仕入れ・商品開発(自社商品/海外ブランド輸入)

様々な会社とライセンス契約を結んでおり、ハロウィンやクリスマスなどのシーズンイベントと、世界的な人気キャラクターを掛け合わせた商品開発及びデザインを行っています。また、海外のユニークな食品やシーズンイベント商品を輸入し、日本の食卓に彩を与えています。

EC

BtoBだけでなく、今後はDtoC向け事業の拡大も目指しています。Wismettacグループの商品が消費者にとってより身近に、便利に感じられるように、ECマーケティングへの積極的な投資を行っています。

新規事業開発

「食×他の領域(ヘルスケア・新しいライフスタイル・Eco・Food Informatics)」でのグローバルソリューションカンパニーを目指し、新規事業の開発・展開を推進。医療食ブランド『食卓の名医™』をはじめとした、新しい商品開発にも取り組んでいます。コアソリューションで培った事業アセットやノウハウを活かし、“食”というコンテンツにおける新規事業への積極的なチャレンジを続けています。

フードセーフティ/品質管理(規制調査・品質安定など)

世界中のサプライチェーンの情報を体系的に収集・分析し、プレイヤーとともにより精度の高い商材・サービス展開を目指すためには、「食の安全」を守る責任も伴います。当社のフードセーフティ部門では、ビジネスの拡大とともに発生する様々な規制対応やリスクへの対処を行います。

TETOP(輸出入に関わる一気通貫のプラットフォーム)

TETOP(Total Enterprise Transaction OPtimization)では、商品管理業務や貿易業務など、Wismettacグループでの食品の輸出入に関わる一気通貫のプラットフォームを構築。既存商品の安定供給はもちろん、新規商品投入に際しての各地規制対応、物流在庫の適正化やプロセスの標準化などを担い、世界各地にWismettacグループの商品を拡げるためのサポートを行います。

商品開発/製造

当社のメイン商品はNB(ナショナルブランド)品のPB(プライベートブランド)化や、海外向けのアジア・日本食品が中心ですが、商品開発/製造ではその枠に捉われない、あらゆるタイプの商品を開発します。加えて、単に商品開発だけを行うのではなく、当社のあるべき「モノづくり」の姿を常に意識しながら、社内に不足する機能の強化や業務フローの最適化・標準化も担当。当社が目指すファブレスメーカーへの道を支えます。

商品技術・Food Tech

当社とシナジーのあるイノベーティブな食関連技術、または当該技術を保有するスタートアップの発掘・調査を行い、新規事業開発のきっかけをつくります。研究機関・大学・VC・Acceleratorなどと定期的に情報交換し、タイムリーかつ高品質な情報収集に努めます。
また、Wismettacグループ各事業の競争優位を支える技術開発・IP取得・Food Tech領域への展開に取り組みながら、将来の事業拡大を見据えた際の中心課題となる食品技術をメインに、当社グループの技術戦略実現を実務面からリードする役割を担います。

海外営業(拠点の無い地域向け)

Wismettacグループの拠点を展開していない地域へ、日本食を含むアジア食材を輸出しています。クライアントは海外の食品卸売業者がメインで、営業だけでなく貿易業務など幅広い仕事に携わります。グループ戦略に基づいた市場開拓や、海外拠点設立の足がかりをつくることもミッションの一つです。

仕入れ・商品開発

北米をはじめとするWismettacグループの各拠点で販売する商材の開発、仕入れ・調達を行います。日本及び海外各国での商品開発も行っており、代表的なプライベートブランド『Shirakiku®』は6,000以上のアイテム数を誇ります。また、新規事業として海外拠点と連携しながら、各国のメインストリーム向けへの商品開発や提案も行います。

国内営業(量販・外食メーカーなど)

果実や野菜、冷凍果実といった豊富な品目の商品を輸入・販売するために、販売先となる卸売市場や量販店、外食チェーンへの営業を行います。特に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社との強いつながりを持つため、柑橘類を強みとしています。Wismettacグループの日本拠点における、メインストリーム向けの販売において重要な役割を担っています。

海外営業/事業開発

国産青果物の輸出、海外から海外への三国間貿易を軸に、世界中の食のマーケットへの営業を行っています。『SUGOI』シリーズのように、営業活動を通して自身のアイデアを事業開発(ブランド開発)に反映させることもできます。また日本品種の果物を海外で栽培するなど、国産品のプレゼンスを海外で向上させるための積極的な事業展開を推進しています。

仕入れ(海外青果物など)

世界中の産地の天候や為替相場など、様々な情報を確認、判断しながら、冷凍・生鮮青果物の仕入れを行います。世界各国の消費者に安心・安全でおいしい食材を届けるため、サプライヤーと連携した品質管理も重要な業務となります。

国内営業(小売・百貨店など)

輸入食品店・バラエティショップ・生活雑貨店・量販店など多岐にわたるショップに、海外ブランド商品及び自社開発商品を提案します。トレンドやシーズンイベント、ショップごとのニーズに合わせて適切な商品を分析し、売り場づくりまでコミット。催事場などでの販売促進にも貢献しています。

仕入れ・商品開発(自社商品/海外ブランド輸入)

様々な会社とライセンス契約を結んでおり、ハロウィンやクリスマスなどのシーズンイベントと、世界的な人気キャラクターを掛け合わせた商品開発及びデザインを行っています。また、海外のユニークな食品やシーズンイベント商品を輸入し、日本の食卓に彩を与えています。

EC

BtoBだけでなく、今後はDtoC向け事業の拡大も目指しています。Wismettacグループの商品が消費者にとってより身近に、便利に感じられるように、ECマーケティングへの積極的な投資を行っています。

新規事業開発

「食×他の領域(ヘルスケア・新しいライフスタイル・Eco・Food Informatics)」でのグローバルソリューションカンパニーを目指し、新規事業の開発・展開を推進。医療食ブランド『食卓の名医™』をはじめとした、新しい商品開発にも取り組んでいます。コアソリューションで培った事業アセットやノウハウを活かし、“食”というコンテンツにおける新規事業への積極的なチャレンジを続けています。

海外営業(拠点の無い地域向け)

Wismettacグループの拠点を展開していない地域へ、日本食を含むアジア食材を輸出しています。クライアントは海外の食品卸売業者がメインで、営業だけでなく貿易業務など幅広い仕事に携わります。グループ戦略に基づいた市場開拓や、海外拠点設立の足がかりをつくることもミッションの一つです。

仕入れ・商品開発

北米をはじめとするWismettacグループの各拠点で販売する商材の開発、仕入れ・調達を行います。日本及び海外各国での商品開発も行っており、代表的なプライベートブランド『Shirakiku®』は6,000以上のアイテム数を誇ります。また、新規事業として海外拠点と連携しながら、各国のメインストリーム向けへの商品開発や提案も行います。

国内営業(量販・外食メーカーなど)

果実や野菜、冷凍果実といった豊富な品目の商品を輸入・販売するために、販売先となる卸売市場や量販店、外食チェーンへの営業を行います。特に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社との強いつながりを持つため、柑橘類を強みとしています。Wismettacグループの日本拠点における、メインストリーム向けの販売において重要な役割を担っています。

海外営業/事業開発

国産青果物の輸出、海外から海外への三国間貿易を軸に、世界中の食のマーケットへの営業を行っています。『SUGOI』シリーズのように、営業活動を通して自身のアイデアを事業開発(ブランド開発)に反映させることもできます。また日本品種の果物を海外で栽培するなど、国産品のプレゼンスを海外で向上させるための積極的な事業展開を推進しています。

仕入れ(海外青果物など)

世界中の産地の天候や為替相場など、様々な情報を確認、判断しながら、冷凍・生鮮青果物の仕入れを行います。世界各国の消費者に安心・安全でおいしい食材を届けるため、サプライヤーと連携した品質管理も重要な業務となります。

国内営業(小売・百貨店など)

輸入食品店・バラエティショップ・生活雑貨店・量販店など多岐にわたるショップに、海外ブランド商品及び自社開発商品を提案します。トレンドやシーズンイベント、ショップごとのニーズに合わせて適切な商品を分析し、売り場づくりまでコミット。催事場などでの販売促進にも貢献しています。

仕入れ・商品開発(自社商品/海外ブランド輸入)

様々な会社とライセンス契約を結んでおり、ハロウィンやクリスマスなどのシーズンイベントと、世界的な人気キャラクターを掛け合わせた商品開発及びデザインを行っています。また、海外のユニークな食品やシーズンイベント商品を輸入し、日本の食卓に彩を与えています。

EC

BtoBだけでなく、今後はDtoC向け事業の拡大も目指しています。Wismettacグループの商品が消費者にとってより身近に、便利に感じられるように、ECマーケティングへの積極的な投資を行っています。

新規事業開発

「食×他の領域(ヘルスケア・新しいライフスタイル・Eco・Food Informatics)」でのグローバルソリューションカンパニーを目指し、新規事業の開発・展開を推進。医療食ブランド『食卓の名医™』をはじめとした、新しい商品開発にも取り組んでいます。コアソリューションで培った事業アセットやノウハウを活かし、“食”というコンテンツにおける新規事業への積極的なチャレンジを続けています。

フードセーフティ/品質管理(規制調査・品質安定など)

世界中のサプライチェーンの情報を体系的に収集・分析し、プレイヤーとともにより精度の高い商材・サービス展開を目指すためには、「食の安全」を守る責任も伴います。当社のフードセーフティ部門では、ビジネスの拡大とともに発生する様々な規制対応やリスクへの対処を行います。

TETOP(輸出入に関わる一気通貫のプラットフォーム)

TETOP(Total Enterprise Transaction OPtimization)では、商品管理業務や貿易業務など、Wismettacグループでの食品の輸出入に関わる一気通貫のプラットフォームを構築。既存商品の安定供給はもちろん、新規商品投入に際しての各地規制対応、物流在庫の適正化やプロセスの標準化などを担い、世界各地にWismettacグループの商品を拡げるためのサポートを行います。

商品開発/製造

当社のメイン商品はNB(ナショナルブランド)品のPB(プライベートブランド)化や、海外向けのアジア・日本食品が中心ですが、商品開発/製造ではその枠に捉われない、あらゆるタイプの商品を開発します。加えて、単に商品開発だけを行うのではなく、当社のあるべき「モノづくり」の姿を常に意識しながら、社内に不足する機能の強化や業務フローの最適化・標準化も担当。当社が目指すファブレスメーカーへの道を支えます。

商品技術・Food Tech

当社とシナジーのあるイノベーティブな食関連技術、または当該技術を保有するスタートアップの発掘・調査を行い、新規事業開発のきっかけをつくります。研究機関・大学・VC・Acceleratorなどと定期的に情報交換し、タイムリーかつ高品質な情報収集に努めます。
また、Wismettacグループ各事業の競争優位を支える技術開発・IP取得・Food Tech領域への展開に取り組みながら、将来の事業拡大を見据えた際の中心課題となる食品技術をメインに、当社グループの技術戦略実現を実務面からリードする役割を担います。

海外営業(拠点の無い地域向け)

Wismettacグループの拠点を展開していない地域へ、日本食を含むアジア食材を輸出しています。クライアントは海外の食品卸売業者がメインで、営業だけでなく貿易業務など幅広い仕事に携わります。グループ戦略に基づいた市場開拓や、海外拠点設立の足がかりをつくることもミッションの一つです。

仕入れ・商品開発

北米をはじめとするWismettacグループの各拠点で販売する商材の開発、仕入れ・調達を行います。日本及び海外各国での商品開発も行っており、代表的なプライベートブランド『Shirakiku®』は6,000以上のアイテム数を誇ります。また、新規事業として海外拠点と連携しながら、各国のメインストリーム向けへの商品開発や提案も行います。

国内営業(量販・外食メーカーなど)

果実や野菜、冷凍果実といった豊富な品目の商品を輸入・販売するために、販売先となる卸売市場や量販店、外食チェーンへの営業を行います。特に米国最大の農業生産組合であるサンキスト・グロワーズ社との強いつながりを持つため、柑橘類を強みとしています。Wismettacグループの日本拠点における、メインストリーム向けの販売において重要な役割を担っています。

海外営業/事業開発

国産青果物の輸出、海外から海外への三国間貿易を軸に、世界中の食のマーケットへの営業を行っています。『SUGOI』シリーズのように、営業活動を通して自身のアイデアを事業開発(ブランド開発)に反映させることもできます。また日本品種の果物を海外で栽培するなど、国産品のプレゼンスを海外で向上させるための積極的な事業展開を推進しています。

仕入れ(海外青果物など)

世界中の産地の天候や為替相場など、様々な情報を確認、判断しながら、冷凍・生鮮青果物の仕入れを行います。世界各国の消費者に安心・安全でおいしい食材を届けるため、サプライヤーと連携した品質管理も重要な業務となります。

国内営業(小売・百貨店など)

輸入食品店・バラエティショップ・生活雑貨店・量販店など多岐にわたるショップに、海外ブランド商品及び自社開発商品を提案します。トレンドやシーズンイベント、ショップごとのニーズに合わせて適切な商品を分析し、売り場づくりまでコミット。催事場などでの販売促進にも貢献しています。

仕入れ・商品開発(自社商品/海外ブランド輸入)

様々な会社とライセンス契約を結んでおり、ハロウィンやクリスマスなどのシーズンイベントと、世界的な人気キャラクターを掛け合わせた商品開発及びデザインを行っています。また、海外のユニークな食品やシーズンイベント商品を輸入し、日本の食卓に彩を与えています。

EC

BtoBだけでなく、今後はDtoC向け事業の拡大も目指しています。Wismettacグループの商品が消費者にとってより身近に、便利に感じられるように、ECマーケティングへの積極的な投資を行っています。

新規事業開発

「食×他の領域(ヘルスケア・新しいライフスタイル・Eco・Food Informatics)」でのグローバルソリューションカンパニーを目指し、新規事業の開発・展開を推進。医療食ブランド『食卓の名医™』をはじめとした、新しい商品開発にも取り組んでいます。コアソリューションで培った事業アセットやノウハウを活かし、“食”というコンテンツにおける新規事業への積極的なチャレンジを続けています。

TOP